「やればできる」ではなく「やるからできる」                 新たなスタートラインに、いま。   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
モンスターズ・インク
先日TSUTAYAさんからカード更新のお知らせが届きました。
んで、そのお知らせを持って更新に行くと
特典としてビデオやDVDが3本まで半額でレンタル出来る、と♪




いやぁ~最近ね、観たいと思う映画は結構あるんだけど
どーもワタクシ映画館というものが苦手でして(-Д-)


こないだ弥次喜多観に行った時も、
スクリーン近すぎてピント調節シ・キ・レ・ズ。
あんなにデカい画面なのによく見えないとは・・・イタタ。

あとは周りにつられてもらい泣きしたり、逆に気にして泣けなかったり。

ビニール袋をカサカサやったり、ポップコーンの箱をカタカタならしたり・・・
そーゆーお客に遭遇する率も結構高くてさぁ(-^-;)

安くても1000円はかかるのに
周り気にしながらとか、イライラしながら見るのってイヤじゃけん。

それになにより、友達と映画観に行くのは勿体ない気がしてならん。
だってせっかく会ってるのに映画観てたら話出来ないもん。
どーしても観たい映画があって行くのはいいけど、
特にないならどこかへ出かけたい派。
(生でやるお笑いライブや演劇は別だけど)



で、話を戻しまして。
レンタルビデオでなら邪魔が入らず観られるからいいかなっと♪
映画館で一本観る値段で、レンタルなら三本以上借りられるもんね!!!

そんなワケで、カード更新の特典を使って
DVDを三本お借りしてきたのでぇす(^^)~♪


んで、そのうちの一本が『モンスターズ・インク』。

ディズニーのアニメは
トイストーリー、トイストーリー2、バグズライフくらいっきゃ見た事ないし
特別興味があるわけでもないんだけど。
ただちょっと、テレビでモンスターズ・インクのこと話してるのを聞いて
ふっと見たくなったのねン(>∀<)




モンスターシティの貴重なエネルギー源である子どもたちの悲鳴を集める
“モンスター株式会社”(?)
そこの怖がらせ屋ナンバー1のサリーと相棒マイク。
ひょんなことからモンスターの世界に紛れ込んだ女の子・ブーを
元の世界に帰すためブーの部屋のドアを探すのだけど・・・。


さすがディズニーってか。
テンポのよいハラハラドキドキ感、たっぷり!!!
セリフらしいセリフがほとんどないブーだけど、すっごく可愛いし(>∀<)
ブーのことを怖がってたサリーとマイクが
段々とブーのことを好きになってく感じがすごく温かい(^^)
(ランドール、本気で怖い)

子どもの悲鳴より、笑い声の方がエネルギーがあることを発見する辺り
ディズニーっぽい感じするねぇ~。


個人的にはCGアニメより、ウォレス&グルミットのようなクレイアニメや
サンダーバードのような人形劇(?)の方が好きだけど。
モンスターズ・インク。これはこれでアリですな。(なんじゃ、その感想?!)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
コメント欄:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。