「やればできる」ではなく「やるからできる」                 新たなスタートラインに、いま。   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ミチシルベ
受講の受付、してきました。


昨日書いた通り、今日ハロワへ行って訓練校受講の受付をしてきました。
来週面接があります。

それをクリアすれば・・・晴れてプチ学生!?
ひさしぶりにおベンキョしましょ~。


クリア出来なければ・・・晴れて無職かっ(笑)








さっき、うちのじぃちゃんが観てた野球で、解説の人が


「全146試合のうち
 この試合が1/146(146分の1)かも知れないし、
 146/146かも知れない。
 今日の試合が、このシリーズの全てかもしれない」


なんてことを言ってたんだけど。


なんか・・・耳に止まった。

たかが一試合。
されど一試合。
今日の結果は明日の結果には影響しないかもしれないし、
今日の結果が、未来に大きく影響していくのかもしれない。


わたしも、今までに何度もその「されど一試合」を経験してる。

人生の分かれ道なんて大した道標があるわけでもなく
その場の自分の決断、もしくは自分の「一言」で決まっていくんだよね。。。



専門学校の頃、周りがどんどん就職が決まってく中で
わたしは最後の最後まで決まらなかった。
(てか、学校に農業の求人は来ないので、自分で探しまわってた)

宮城、山形、大阪、徳島・・・いろいろ行ったけど決定的なところはなく
2月の就職フェアでみつば屋の社長と会い、
3月に入ってから・・・卒業式の2週間前にやっと就職が決まったんです。

もし2月までに就職が決まってたら、わたしは茨城には行ってないわけで。

3年ちょっと勤めて辞めちゃって、離職後すぐに会社受けてるけど
不採用だったわけで。

その後のメガネ屋も、飴売りも、クリーニング屋も・・・自分が「NO」と言えば
断れたわけで。


就職したこと、不採用だったこと、断らずに全て引き受けてたこと・・・
それがよかったのかは分からない。
別の道を選んでいれば、別の人生歩んでるだろうから。

けど、その「経験」があったから、そしていろんな偶然が重なり合って
いまのヨコハマの職場に出会えた。
県庁の仕事も、そこから繋がった。

繋がったのは仕事だけじゃない。
人との出会いが、すごく大きく影響してる。



そしてまた・・・わたしは人生の岐路に立っている。

バイトを辞めて3ヶ月間訓練校に行く(予定)。
その決断をしたのは自分自身なわけで、今ならやめることも出来る。

『この決断が後々どんな影響を与えていくんだろう・・・?』

そう思うと、ワクワクしたり、不安だったり。
長い長い人生のうちのたった一試合かもしれないし
人生を大きく変える大事な試合になるのかもしれない。
やめることも、試験に落ちることも、大なり小なり影響してくと思うし。



訓練校へ行くことは、もちろん仕事に必要な技術や知識を身に付けるためだけど
でも、それだけじゃない。

技術も知識もなにも持ってないぺーぺーのわたしがその世界に飛び込んで
使いものになるか・ならないか・・・
身をもって体験したいと思ってる。
学んでそれが就職に繋がれば、就職のことで悩んでる人たちに話すし
ダメならダメで、何がいけなかったのか話せるし。

就労支援をする立場、そして支援される立場。
両方の立場にいるわたしだからこそ出来ることなんだと思ってる。




2年間悩み考え続けた・・・その先。
やっと見つけた小さなスタートライン。
いまのわたしだからこそ踏み出せる、一歩。

それは 1/人生ではなく、人生/人生=1。
試合と一緒。



道標は、誰かが先にそこを通ったからこそ、立ててくれてあるもの。
わたしが進むこれからの自分の人生に、道標がないのは当然のことなんだね。

新しい環境への不安も迷いも緊張も
それが自分の、そして迷っている誰かへの、小さくても確かな道標になればいいな。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
コメント欄:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。