「やればできる」ではなく「やるからできる」                 新たなスタートラインに、いま。   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
2009横浜 ④
はい


14日の写真教室の続きです











今回、先生に褒められた写真の中で一番意外だったのが…






20090914 うきわ

この一枚。





海っぺりの柵につけてあった浮き輪。

真ん中の柵を入れたくなかったんですが。
これは取れないので(笑)しょうがない。


しっかし。

ギリギリ入らないように撮った写真もあったのに
先生はこの柵入りの写真を「面白い」と言いました。








普通は柵を入れないで向こう側の景色を撮るものだけど
柵を入れることによって、手前の世界を撮っている。


とのこと。


















ほほーう。






若干たなぼた的ではありますが(笑)

褒められたので良しとしましょう









それにしても、写真て奥が深いですね。

先生に「人とは違うところに目を向けてる」と言われたけど
自分でも気付かないところを先生は見てるわけで。

でも先生が面白いと言ったものを、ほかの人が面白いと思うかどうかは
また別問題。



正解も不正解もない。

感性の世界、ですか。






…言葉で理解するのは、わたしにゃどうも難しい(^^;







うんうん。

だから
他人がどう思おうが、自分がいいと思ったものを素直に撮っていけばいいよね☆

写真ぐらい、自分勝手にいかせてもらおうじゃないか(笑)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
コメント欄:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。