「やればできる」ではなく「やるからできる」                 新たなスタートラインに、いま。   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
5月3日の出来事
さてはて。
ゴールデンウィークもあっという間に終わりましたね。


わたしは仕事があるおかげで生活のリズムが保たれてるので
こう休みが続くと…どうもダメ

今回もやんわりと風邪をひいてみたし。
(喉の痛みがとれてきたし、鼻水も落ち着いてきたからもう大丈夫)



ま、ゴールデンウィークらしく
3日から6日まで休めたのなんて・・・学生のときぶりか!?

風邪だったり雨だったりしたけど、何気に楽しんじゃいました







で。

3日(日)は横浜・みなとみらいへ

横浜開港祭 Y150”が開催中なので
桜木町からしてすごい混雑っぷり


有料エリア前なんて、こんな感じ。


Y150


これでまだ10時なんですけどね。
みんな早起きだ(笑)


この日は連休最初の日曜日だし、パレードあったし…で
このみなとみらい周辺は16万人の人出だったらしいのです。うわ~。





んで。

みなとみらいへ何をしに行ったかと言うと
風ぐるまを作る(教える)ボランティアだったのです。


よこはま時代の仲間繋がりでね。
お手伝いに行くことになったので。


神奈川県内の竹を使って竹ヒゴを作り、それを編んで…と、
とても手間がかかってます

数年前に竹細工作りをしようと、鎌倉の竹細工屋さんに聞きこみ?に行ったり
実際に竹を切ったりしてたことがあったけど
そのときはまだみんなが手探り状態で。。。

竹ヒゴは作れず、結局別のものを作ってたような。



竹細工ってね、竹ヒゴを作るのがめっちゃ難しいし、重要なんですって。

竹細工屋さんのおじさんも
「いいヒゴが作れるようになれば職人になれる」って言ってました。




あれから…わたしは別の職場へ行き、竹細工なんて触れる機会もなかったけど。

見た目がチンピラ風なわたしのプチ師匠・Sさんは
腕を磨き、キレイな竹ヒゴを作れるようになっていました(笑)
でも本職じゃないんですが(笑)




今回のわたしの役目は
お客さん(主に子ども)に、風ぐるまのハネになる部分に好きな千代紙を貼ってもらって
出来たらそれを組み立てて回るようにする。というもの。



風ぐるま①



前後にウッドビーズを入れて、前のビーズの穴に竹ヒゴを詰め
切ってボンドを付ける…という組み立ての作業。

簡単そうに見えて結構難しい

持ち手になる竹もウッドビーズも、太さ・穴の大きさが物によって違うし
竹ヒゴも同じように切ってあるとは言え、少しずつ違うし。


風ぐるまが回るようにスペースを少し残しながら
外れないようにしっかり固定する。

細かくて、適度な力と微妙な加減が必要な作業。



最初この話を聞いたときには
「みなとみらいで風ぐるまーー???」って思ったけど。

作ってみると案外可愛いし、面白いし、子どもたちも喜んでるし
すごく楽しかったです
難しいけど、こういう作業嫌いじゃないし☆


孫と遊びに来てるおじいちゃん・おばあちゃんも
「懐かしいわねぇ」と、一生懸命千代紙を貼るチビちゃんを微笑ましく見守る。
そんな光景をたくさん目にしました


風ぐるま②







そんなわけで、この日は8時間労働(笑)
(休憩時間除く)

エラく働いてしまった




イベントが終わったあとには野毛へ。


野毛2


野毛


一緒に行ったBさんが
「この雰囲気が野毛っぽい!!」と連呼していたので
野毛っぽいところを写メってみました。

わたしにはそもそも野毛っぽさが何なのか分からないのですが
昭和な空気の流れるこの街は、何か好きです





ま、結局行った店が定休日?だったので
馬車道へ移動。

Sさん曰く「回ってないけど、リーズナブル」という寿司屋へ。


あぶり中トロ

あぶってある中トロだったりぃ~



あなご

あなごだったりぃ~



とっても美味しかったです




〆にガストでデザートまで食べて(笑)
グルメ日記ではないけど、グルメ日記的な感じで終わっちゃう感じ?




ともかく、休みだから出来ることができた一日となりました

今度わたしも竹の編み方、教わるぞ~~
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
コメント欄:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。