FC2ブログ
「やればできる」ではなく「やるからできる」                 新たなスタートラインに、いま。   
学科名より学校名より、長いもの。
今週の木曜日、横浜へ行ってきます。
面接っぽいものを受けてくる次第でございまする(--)

そのための履歴書を書いてたんだけど・・・。
久しぶりに就職用のを書いてるから何だか疲れるぅ~(-Д-;)



てゆーか、

高校専門。学科名やら学校名、やたら長すぎ!!!

特に専門学校。小さく書いて欄ギリギリだよー。
履歴書を書く度、こいつに苦しめられる(>ω<)!!!
漢字が並んだと思えばカタカナぶぉっほ!!みたいな。
正式名称うろ覚えでつぼこ嬢にメールで聞いちゃったっちゅーの!

「学校法人からだっけ?(・∀・)」ってな。

くそ~(-^-;)略して書きてぇ・・・。(ダメです、通じませんから)
くそ~(-^-;)趣味の欄に“TOKIO”って書きてぇ・・・。
くそ~(-^-;)得意なスポーツ、“ひとりボウリング”って書きてぇ・・・。
『寂しんぼじゃありません』ってコメントも忘れずに。






高校はね、学校名は短いんだけど・・・学科名が“畜産科学科”だから。



「科」 が二つも付いてるよ!?みたいな。


えぇ、畜産ですよ。
うしうしモーモー、ぶたブーブー。
ぷちムツゴロウ王国。

そりゃ、幼稚園児や小学生のミニ遠足のコースになるっちゅーねん。
授業で畜産棟に行くと、ちびっこみんなでスケッチしてたもん。



(*゚∀゚)=3 ウンコクセー!! って連呼してな。


ウンコ があれば棒でツンツンしたくなるのも、コレ、ちびっこ心理。

『臭いものには蓋』ではないのですよ、大人のみなさん。
忘れてませんか?子どもの頃の純粋なココロ。

『臭いものには』ですよ。YOちぇけらー( ノ-Д-)ノ



まぁワシが主に世話してたのはアヒル・カモたちなんだけど。
いわゆる家禽(かきん)類です。

このアヒルたちがねー。そりゃーもう、なつかないの何のって(爆)!!!
インプリンティング(すり込み)してないから当然だけど。

世話をしに小屋へ行くとみんな一列になって壁際に寄ってるもんね。
近寄ってくとみんなで前進。
オイラ走ればアヒルも走る。カモも走る。
挙句、飛ばれたりして。
。。。(ノ´ー`)ノ(ノ´▽)ノ(ノ´)ヽ(   )ノマテー


イタチゴッコ。いやアヒルゴッコ。いやいや、イタチゴッコ。

・・・どっちでもいいや。


別にオイラが怖いわけではないんだけど。
みんな逃げる。

が。
エサをこさえてると視線を感じる。。。
|д゚)



∑( ̄□ ̄;)ハッ!!
アヒル、ギョーサンこっち見とるでぇ!!!!!

そしてエサに群がってくるっっ!!!!!
( _ Д _)アウアウアー
・・・さっきまで逃げ回ってたクセにぃ(>へ<)くやちぃ!!



まぁ、そんな密かな戦いをしつつ、朝早めに学校へ行っては
エサあげたり、アヒルプールの掃除・水の入れ替えをしたりしてたんよ。
時間があれば放課後も。
(↑一人じゃないよ。友達とね、笑)


― そんなある日。

いつものようにアヒル小屋へ行くと、何やら気持ちアヒルが少ないような。
特に数はかぞえてなかったんだけど。
(↑卵が孵ればいつの間にか増えてたりしたから。10羽ぐらいいた)

友達と「少ないようなー?ねぇ?」って話してたワケよ。


そしたらそこへ担任のJセンセ(♂)、登場。

( ´∀`)ノおー、お前ら。お前たちがアヒルの世話よくしてくれてたから
水臭くなくて美味かったよ~。



・・・って。

∑(゚Д゚;)食ったんか!?



一応ね、牛や豚はと殺場じゃないとお肉には出来ないんだけど
家禽類は平気だそーで。
わたしらも授業で、鶏物語~ヒヨコから唐揚げになるまで~をやったし。
道具と技術があれば・・・まぁ可能。


しっかし。ハイ、先生(--)ノ

勝手ニ食ワナイデ下サイ






あれ?何の話してたんだっけ???(・∀・;)
またやっちゃった感じ??
話し、大幅に脱線しちった???

ヽ(゚∀゚)ノ ヒャハハハ~♪
何より長いのはオイラの日記。


(--)))))逃げよ。。。
スポンサーサイト
水族館の通になる
さぁ!今日も気合入れてブログ書くよ~~~!!!

・・・と、その前に。
大好きなカルピスを作ろうじゃないか( ̄∀ ̄)
美味すぃ~水で作ろうじゃないか( ̄∀ ̄)うしし


そして冷蔵庫へ。

キョロ(∇ ̄ )(  ̄ ∇)キョロ









(゚Д゚≡゚Д゚)あれあれ??














しばし (〇△〇;) ぼーぜん!






カルピスさん、不・在!!

(T△T)うえぇぇぇえぇぇーーーーんっ!!!
懸命の捜索にも係わらず、発見には至りませんで。。。


美味すぃ~カルピスのはずが・・・
カルピス+美味しい水)-カルピス= 美味しいwater(>∀<)うきゃ!
南アルプスの恵みを味わうおつく。







まぁ、大して書くことのない日なんてこんなもんですよ。
毎日が喜びと発見の連続ではありませんから。ぶつぶつ・・・


そうそう。
こないだ高幡不動へ行ったとき、組長(小林組系)が来るまで
1時間半くらいあったのよー。(待ってるオイラを誰か褒めて)
その時、暇つぶしで本屋へ行って本を買ったんだけど。

その名も
水族館の通になる
― 年間3万人を魅了する楽園の謎


文庫本です。
小説ではありません。
なんとなく、タイトル勝ち。



えぇ、水族館好きですから。何か文句でも??

「水族館のどの動物が好き?」と聞かれれば
まぁ王道のイルカとペンギンでしょうな。
特におつくラブなのはカマイルカとシロイルカ。


てか、それよりも好きなもの。
それは水槽の中の岩やサンゴのレイアウト。←これ。

海に潜ったことはないけれど、海底の一部を切り取ったかのような水槽。
岩陰に魚が隠れてたりしたらちょっとワクワク(>∀<)
小さなエビとかいたらちょっとドキドキ( ̄∀ ̄;)ハァハァ
実際の海はこんなに透明な水ではないだろうけど、まぁそこは水族館。
許す。


某シーパラダイスでバイトしてたしね(←“某”の意味無し)
水族館の脇でイルカ(の、バルーン)と戯れてたしね。
「何が“恋する遊び島”だよ。ケッ!」凸(-^-メ)
っと、ひねくれてたしね。

何かと水族館とも縁があるようで。
ただ単に、ひねくれててもシーパラが好き!ってのがあるんだけど。
色んな思ひ出、有。
愛だろっ、愛。



あぁ、本。本の話し。

この本の著者は実際に水族館でお仕事していた人なんだけど、
水族館のスタッフサイドからの目線で疑問に答えてくれていて
なかなか面白い。

特に「あぁ!!」って思ったのは・・・

水族館に サンマ がいないってこと!!!

イワシや鯛、蛸やイカ、カニなどなど・・・食卓にお馴染みのお魚さんが
泳いでるところを見ることはあっても
サンマを見たことは未だかつて一度もない!!!!!!!
言われてみて初めて気付いた(・∀・)

今ではサンマの飼育を行ってる水族館もあるみたいだけど
それが出来るようになったのは21世紀になってからだそーよ。
へぇ~。



あぁ。こんな話してたら水族館に行きたくなってきた。バイトでなくて。
てか、夜の水族館に行きたいなぁ。
ナイトツアーっての?
昼間動いてない海の動物たちの動いてるところが見たーい♪

ソーラーパワーを自家発電に切り替えないと、
オイラの脳は寝ちゃうけどネ(笑)