「やればできる」ではなく「やるからできる」                 新たなスタートラインに、いま。   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
過去を思い出にする。
ベイスターズに夢中になっていて忘れていた…わけではございません。


わたしにとっての大事な日、6月23日。(ちょっと過ぎちゃった)

今日は独り言を書かせて下さい。











茨城から帰ってきて、5年の月日が流れたんだね。










3年前の日記には

自分の夢・やりたい道に進んで 頑張ろうとする気持ちとは裏腹に、
職場でひとり孤独に耐えていた過去を
まだ思い出に出来たわけじゃない。


と、当時の思いが綴ってあった。




まだ思い出に出来たわけじゃない。という一言に
当時の、そして茨城の3年間の思いがこれでもか!ってくらい詰まってるんだよね。














仕事辞めて帰ってきたって、それで一件落着ってわけでもないし。


当時はまだ仕事を辞めたという負い目と
次の道を見出せないでいるジレンマに追いかけられてた気がします。






必死に自分を前に向かせて
過去は過去だと振り切ろうとしてた。

そんな感じ。









それがいいのか悪いのかなんて、考えてる余裕もなかったし

たとえダメだと言われても、どうすることも出来なかったから。




















よく、


未来の姿が見えたらいいのに。

例え今が悪くても、
この道を進んだ先にはちゃんとトンネルの出口があるって分かれば
何も恐れず歩いていけるのに。



そんな風に思ってた。





もし過去に戻ってやり直せるとしても、もう戻りたくはないけど(笑)

でも、あの頃の自分に何か言ってやれるなら


大丈夫だから、思いっきり進め。 と

そう伝えたい。



悩んで、立ち止まって、まわり道…
定職にも就けずブーラブラ

そんな人生の寄り道で見付けた一生の宝物。


人との繋がりが、わたしにはある。






思い出にして、ずっと大切にしたい過去が

わたしにはある。





流した涙は無駄じゃないぞ。

あの3年間は、無駄じゃないぞ。
スポンサーサイト
願掛け
自転車での帰り道。


帰るのにも結構気合いがいるんです。




16号をひたすら走る。

後ろから来るバスと競争してみたりしながら。



今日の相手は「16号経由 相模原駅行き



別に誰も見ちゃいないし、
勝ったところで何にもならないんだけど(笑)



何となく、「勝ったら○○だ!」っていう願掛けをして
願掛けしたら負けるのが悔しくて
モーーーーーーレツに頑張ってみる。








最初、鵜野森の手前で抜かされてしまったんだけど
停留所に止まってるうちに逆転!

そしてまたトイザらスの前辺りで抜かされて、
「もうダメか~・・・」と思ったら、バスが信号で止まってた。


諦めたら、そこで試合終了だよ

という有名なセリフが聞こえてきそうな場面。


最後の力を振り絞って全力DASH!!







ゴールに設定した場所まで数10メートルの場所で
バスが真横に!!!!!








ぎゃあぁぁぁあぁあっぁぁああ!!!!!
(必死になりすぎ)











もうここで並ばれたら追い越せない!!!!!
と思っていると、前方の信号がに!







信号待ちの車が並んでいたために



今日の勝負は・・・鼻の差でわたしの勝ち!!!









( ´∀`)ぷはぁ




勝って満足


勝って脱力







一気に疲れて、ヘロヘロになってしまった。。。





必死に走ってるときには気付かなかったんだけど
ふと我に返ると・・・寒さで耳が痛い!!

めっちゃ痛い!!







競争相手がいなくなって気が抜けて
自転車のペダルがいつもより重く感じる。








必死に走ったのは・・・

負けず嫌いだからか。
掛けた願いを叶えたかったのか。



吐く息が白いね。

そんな師走の夜。

3年前
月日が流れるのって・・・早いなぁ。



大人は待ち遠しく思うことが少ないから時間が早く流れてく・・・
そんなような(?)ことを島田紳助氏が言っていました。


そうだよなぁ。

小さい頃は眠れないほど待ち遠しく思うこといっぱいあったもんなぁ。



今は違った意味で眠れない夜を過ごしているけど(←誤解を招く表現、笑)

楽しみ過ぎるほど楽しみなことって・・・ほとんどないような気も。
「待つ」ことがないから、あっという間に時間が過ぎて行く・・・のかな。








で。
結局何が言いたかったかというと。


今日は11月20日ですよね。




3年前の今日、横浜で仕事してたな、わたし。
と思って。


あれから3年か。


海風がめっちゃ冷たくて
「横浜の海は臭いなぁ!!」って思ってて
でも心はあったかかった。




3年前を「もう」と思うか、「まだ」と思うか。

「長い」と思うか、「短い」と思うか。




うーん。




オヤスミ。
思い出
わたしが社会人になって初めて働いた場所。

そして住んだ町。


茨城県猿島郡。
(現・坂東市)




いろんな思い出があって・・・思い出が詰まってて。
詰まり過ぎて(笑)

本当、思い出すと胸の奥がキューーーンとなるんですが。
(↑恋の思い出はなし)





たまたま見たサイトで、
わたしが通っていたボウリング場がなくなったことを知りました。


仕事も、私生活も、ほんと上手くいかなくて。
何もかもが上手くいかなくて。
もがけばもがくほど悪循環。

何かをしないと潰されそうで
逃げ込むように通い始めたボウリング場。



一人で行って、一人で投げて。
仕事後にも関わらず、6~7ゲーム投げてました。


そんなわたしを見ていたボウリング場のお客さんやスタッフの方が
声をかけて下さって
少しずつ“仲間”が出来て、
いつの間にか「逃げ場」だったボウリング場が「憩いの場」になってました。



仕事を辞めて相模原に帰ることになったので
そのボウリング場には半年くらいしか通えなかったけど
わたしにとっては思い出の場所。


なくなっちゃったんだ・・・。



茨城での仕事を辞めてもう4年半。

こっちに帰ってきてから一度もそのボウリング場には行ってない。


いま、残るのは
帰ってくる直前に撮った写真と
そのボウリング場で買ったボールとシューズ。

それから、抱えきれないほどの思い出。か。








そら

ボウリング場の駐車場から撮った夕焼け。



あの頃の、胸を締め付けるような思い。

そんな思いを映すような空。
はれ、ときどき、あめ

ときどき、無性に、さびしくなる。


ときどき、無性に、うれしくなる。


ときどき、無性に、かなしくなる。


ときどき、無性に、いとしくなる。






笑ったり、怒ったり、悔しがったり、喜んだり。


生きるって、忙しい。

青い
誰も見ていない場所で

ちいさく ちいさく 咲く花がある






青い









そっと寄り添って また飛び立って


咲き終わる前に

もう一度 君に会えるかな




ぼくが 今 ここに居ることの意味を

教えてくれた君に


もう一度だけ 会えるかな





咲ける ちいさな自分を 誇れる自分になるために


空にも負けない 色になろう

コスモス
夏が終われば、三度目のコスモスの季節。








今年は、もう見に行けないかもしれない。

元気でいても、行く時間があっても
行けない場所もあるんだな。
夏の真ん中
ただいま16連勤中。


次の休みまであと16日。



中間地点~。

おつくです。






こないだ、ある人から言われました。

「あなたは、働くのが好きなんだね」と。


働くことが好きかどうか・・・なんて考えて働いてなかった、かも。

そう思うと、そのときは「そうかも知れませんね」なんて
曖昧な答え方しか出来なかったけど(笑)



わたしが初めて働いたのは高校1年か2年の冬。(曖昧、笑)

学校の友達が冬休み中に郵便局でバイトする、と言うので
一緒に面接に行きました。
そして、年賀状の仕分けの仕事をしました。

時給・・・たしか800円の初バイト。


その後、アミューズメントパークやチラシ配りや販売員、
接客・受付、栽培管理・・・いろんな仕事をしたけど
仕事はあくまでもお金を稼ぐ手段であって
出来ることなら仕事しないで遊んでたいし、行っても早く帰りたかった。

何のために働くのか、
どうしてここにいるのか、
必死に答えを出そうと考えて悩んでた日々もあった。


わたしが、本当の意味で「働く」ことをし出したのは
働くことに悩む若者たちと接するようになってから・・・かもしれない。


働けることは、当たり前のことなんかじゃない。

仕事は、してあげてるんじゃなくて、させてもらってる。


人との出会いが自分の意識を変化させ、
仕事に対する姿勢も変えさせてくれた。





小さい頃からの夢だった農業への道。

でも、好きな仕事に就いたのに、仕事を好きになれなかった。


挫折し、悩み、迷い、
どう進めばいいのか分からなくなり
自分の居場所と価値を求めて右往左往した時期。

そんな日々を通じて見えたものは
「自分は人が好きなんだ」ってこと。

誰かに「がんばれ」って言ってもらえるとすごく頑張れる。
人のためなら自分は休まなくたっていい。
そんな風に思える自分に出会った。


生産者という立場で、消費者と会うことの出来なかった農業時代。

いま思えば、
自分の作った野菜を誰かが食べるところを見ることの出来ないあの仕事は
自分には合ってなかったのかもしれない。

やりたい、と思っていた仕事が
実は自分には向いてなかった・・・?!
そんな風に最近思うようになった。


そして、今の自分は昔じゃ絶対に考えられなかった
医療事務という仕事に就いている。

人生、やってみないと分からないものだね。

学校じゃ教えてくれなかったもんな~(笑)


社会に出て8年?
人から見て「働くことが好きなんだね」と言ってもらえるようになった。

もしかして・・・やっと「働く」ということのスタートラインに立てたのかな。
(遅いわー、笑)



働くことは楽じゃないし、楽しくないこともあるけど。

それでも、お金を稼ぐということ以外に
働くことの意味を見つけられるようになったのは
自分にとってはとても大きな変化だと思う。


職場で受け入れてもらえなかった日々。
仕事がなくて宙ぶらりんだった日々。
働くこと、そして生きることに必死に戦ってる人と向き合った日々。

今まで過ごしてきたすべての日々が、
今の自分に繋がってる。

そんな風に思える今は、働くことがとても楽しい。




7月19日から9月7日まで、元の職場である公園ではプール営業をしてる。
その期間中、わたしの休みは3日だけ。

期間中の最初の休みは7月28日(月)。
次は8月29日(金)。
最後は9月5日(金)。

7月29日~8月28日まで連勤。

それでもね、休みたいとは思わない。
仕事に行きたい。


一生懸命仕事を教えてくれてる本業の病院も、
辞めたわたしを受け入れてくれる公園も、
無休で仕事させてくれてる家族も、
いろんな人の協力があるから働けてるんだよね。

本当、ありがたい。



気がつけば、夏も真ん中。
プールも折り返し地点。

体調を崩さないように、がんばりますか☆
踏ん張り時
人の気持ちなんて分からない。

だよね。



分かった方が幸せなのか。
知らない方が幸せなのか。


分からなければ悩むし、
でも、本当のことを知ったらまた悩むんだろうな。

どっちにしろ悩むのか。





傷ついて、凹んで、思い切り泣いて。

そんな感情、知らずにいられるものなら、知らないまま過ごしたかった。


湧いて出てくる不安と不信感が
いつか、楽しかった思い出までも消し去りそうで。。。怖い。


大好きな“あの場所”が、わたしにとっていつまでも大切な場所でありますように。

その感情がなくならないことを、今は祈るのみ。
怒涛の一週間
職場が変わって一週間。

先週の金曜日に休んで、土日と公園での仕事。
そのまま月曜から病院勤務。

休まなかった、ってのもあるけど
慣れないことやってるからめっちゃ疲れたー

大嫌いな健康診断(採血)もあったし
ホントは月曜日(23日)に、って言われたんですが
本当に本気で採血が嫌いすぎて気持ちが悪くなるので
「健診受けてね~」と言われた昨日、採血だけしてもらいました

・・・病院だからね。
処置室目の前。

んで、昨日は午後休診で13時上がりだったので
相方Tちゃんに町田まで来てもらって会ってました
癒されたわ~~~




そう言えば。
忙しくてアップしてなかったけど先週の水曜日(11日)に
TちゃんとK原さんとN隊長とでディズニーシーに行ってきたんですよ。

楽しかったなぁ~

雨予報だったからすごいすいてたし。
テラーに乗り放題でした。



快晴テラー、の図



ポートディスカバリーに行く手前にはカモちゃん親子がいたりして。
主役ミッ○ーばりの人気。

PA0_0029.jpg
思ったよりカッコイイ、の図



夜のショーが終わったあとにもテラーに乗っちゃいました。

PA0_0027.jpg
ナイトウトゥンドゥ、の図






公園辞めてからも一週間経つんだな~。

自分的には公園辞めた感じがしないんですが
毎日会ってた人たちに会えなくなって
心にぽっかり開いた穴。

写真を見ては何かため息ついちゃいます。


公園に行きたいなぁ。
立川に行きたいなぁ。


ごくせん見てると何か懐かしい。
(ロケ地が立川なので)


ふぅ。


新しい環境に慣れるのには、もう少し時間がかかりそうです。
出会い
「ごくせん」見ちゃってるよ~、オレ。


どうも、僕です。



おつくです。









最近すごく思うことがあるんです。

好きな人が出来ると人って強いな~、って


好きな人=異性って意味ではないのであしからず(笑)



ホント、いろんな出来事やキッカケやタイミングが合って
いま一緒にいることが出来る。

すべての人に言えることだと思うけど、
何か一つでも欠けたら一緒にいられなかったかも知れないかと思うと
一緒にいられる今が本当に、すごく、有難い。


異性に限らず、人に惹かれるのってホント一瞬なんだな、と。

心奪われる人には、何かグッとくる一瞬があるんだな、と。

そんな風に思います。




1年半も前から出会っているのに、最近までほとんど話もしなかったこと
ちょっと後悔しています(笑)


もっと早くからいろんなこと話したかった。

でもきっと、今のこのタイミングだからこそ
仲良くなれたんだろな



ありがとう。
出会ってくれて、ありがとう。




明日も会える。そう思うだけで元気になれる。

毎日毎日、心からの笑顔をありがとう。

これからもずっとずっと、わたしの憧れの人でいて下さい
わたしの誇り
休みの日にばかり雨が降ります。



相当な雨女っぷり、発揮中。

スノボに行けば雪女(吹雪女)だし。

なぜ??
そんなに日頃の行い悪いかしら。。。




今日は最近思ってたことを、自分の上司にあたる人(?)に愚痴ってしまいました。

ちっちぇえことをグチグチ言う人はどこにでもいるもので、
気をつけないと自分も同じようになってしまうんだろうけど。
(てか、過去の自分がそうだったか?笑)


相手のことを理解できないのは、自分が歩み寄ろうとしないからで
相手に理解されないのは、自分が理解してないからなんだろう。

その繰り返しが、どんどん意識の中に溝を作る原因なんだべさ。


歩み寄ろうともしないで、自分の都合ばかり押し付けてちゃ
距離が開くのは当たり前。
ま、歩み寄ろうとしても、相手に避けられちゃ元も子もないけどね(汗


自分に出来る精一杯のことをやろうとしてるだけなのに。。。
それをさ陰でコソコソ言われてもね(--)
どうしろっちゅーねん。


愚痴ってしまった相手(上司)は、そんなわたしを「誇り」だと言ってくれた。

嬉しくて泣きそうだった。


こんな人と、ずっと仕事できたらいいのになぁ。

わたしを「誇り」と言ってくれた人は、わたしにとっても「誇り」です。
出会えてよかった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。